• TOP>
  • 防御・ガード

防御・ガード

格闘ゲーム初心者のプレイヤーのために本作の基礎的なテクニックや知識を紹介します。
ここでは防御やガードについて説明します。

防御をしっかりできるようになろう!

対人戦はもちろん、対CPU戦でも、防御ができなければ勝つことは難しい。STORYではだいたい3戦目から相手の攻撃が正確になり、やみくもに技を出しているだけでは進めなくなる。相手の技を見極め、対応したガードで的確に防御できるようになりたい。慣れないうちは、攻撃しているとき以外は常にガードしているぐらいの感覚でいるといいだろう。

空中から近付いてくる相手へのガード

対空技で迎撃しても構わないが、立ちガード()を使えば空中からの攻撃はほぼすべてガードできる。相手がジャンプしたら立ちガードをするクセをつけよう。

地上の相手へのガード

しゃがみガード()で地上からの攻撃はほとんどガードできる。ただし、インパクトブレイクという攻撃に限りしゃがみガードすることができない。どの攻撃がインパクトブレイクかは見て覚えるしかないが、立ちガード不可のしゃがみ攻撃から来る連続攻撃のほうが怖いので、しゃがみガードを優先したい。インパクトブレイクは最初のうちは食らったら仕方ないぐらいに思っておこう。

sys_tech2_01.jpg

インパクトブレイクは、小さくジャンプしたり、振り下ろしながら繰り出される攻撃でしゃがみガードできない。相手がインパクトブレイクを出したら立ちガードに切り替えればガードできるが、すぐに反応するのは難しい。

たまに来る投げに注意

ガードを固めていると、相手に投げられてしまうことがある。これも最初のうちは仕方ないと思っていていいが、慣れてきたらしゃがみ弱攻撃などを出して相手との距離を調節したい。また、自分から投げを入力しておくのもひとつの手。もし相手が投げをしてきていたら投げ回避になり、そうでなければ自分が相手を投げる。

sys_tech2_02.jpg

立ちガードの状態でCを押せば、投げの入力となる。相手が密着している場合は狙ってみよう。

追い詰められてしまったら……

相手の攻撃で画面端に追い込まれてしまうと、身動きが取れなくなることがある。そんなときはリフレクションガード(ガード時ABCのうち2個同時押し)で相手を引き離そう。なお、リフレクションガードは画面下のクライマックスゲージが一定量溜まっていないと使用できないので注意。クライマックスゲージは時間経過のほか攻撃技を出すと溜まっていく。

sys_tech2_03.jpg

A+Bで入力するとほかの技になる可能性があるため、別の組み合わせで押したい。同時押しが難しいならL1を押してもいい。リフレクションガードが成功したら、クイックフォワード(素早く)などを使って脱出しよう。

吹き飛ばされたら必ず受け身

相手の攻撃を受けて後方に吹き飛ばされたときは、必ずAorBorCを押して受け身を取ること。受け身に成功したら、方向ボタンを後ろ方向に入れて空中ガードをしておけば相手の追撃をガードできる。

■基本テクニック集
攻撃の基本 / 防御・ガード / カウンター攻撃 / 特殊技 / キャンセルコンボ

電撃文庫FC人気動画

ニコニコ動画の人気動画を
自動でピックアップ中!