アスラン・ザラ(機動戦士ガンダムSEED)

『GジェネレーションRE (ジージェネ アールイー)』のキャラクター、アスラン・ザラ(機動戦士ガンダムSEED)のステータスを掲載しています。

アスラン・ザラ

入手方法

イベント報酬イージスガンダム開発計画
イベント報酬アークエンジェル隊育成計画(地上)
イベント報酬[再公開]イージスガンダム開発計画
イベント報酬三隻同盟の砲火
イベント報酬金剛不壊、粲然たる力

入手できるクエスト

※現在、クエストはありません。

※スペシャルイベントが開催期間外の場合は、入手できません。

基本ステータス

パイロット適性艦長適性×
グレード5売却価格4350
性別世代子供(少年)
ランクアップ素材パイロット

パラメータ

レベル格闘射撃防御格闘
命中
射撃
命中
回避覚醒
110497332722250
最大32331610968636940

探索能力

宇宙空中地上水中
2221

※数値は最大ランクのものとなります。

スキル

スキル1

名称攻撃速度上昇/アスラン(C.E.71)最大LV10
解説リンクワード「アスラン・ザラ(C.E.71)」を有するMS搭乗時
攻撃速度20(30)%上昇

スキル2

名称ザフトレッド最大LV1
解説スキル「ザフトレッド」を有する3人でチーム編成時
ダメージ20(20)%上昇

スキル3

名称通常ダメージ/ビーム打撃最大LV10
解説効果属性「ビーム打撃」のダメージ5(15)%上昇
※通常武装が効果対象
※パイロット時に発動

スキル4

名称徹底抗戦/ビーム打撃最大LV10
解説搭乗MSのHP20%以下で
効果属性「ビーム打撃」のダメージ15(25)%上昇

スキル5

名称SEED/アスラン(C.E.71)最大LV10
解説キャラクターの格闘、射撃20(25)%上昇
キャラクターの覚醒30%上昇
SA武装のクリティカル発生率+5(10)%
※バトル開始時30%の確率で発動

プロフィール

登場作品機動戦士ガンダムSEED
プロフィール
クルーゼ隊所属、イージス専属のパイロット。父親は、現プラント最高評議会議員であるパトリック・ザラで、母親は「血のバレンタイン」の悲劇で亡くなっている。普段は毅然とした態度をとっているが、根は穏やかで友達思いの優しい性格。また電子工作が趣味で、多数のハロを許婚のラクスに贈ったり、友情の証としてキラにトリィを贈っている。キラとは月の幼年学校時代からの親友であったが、再会した時には、敵味方の関係となっており、キラと同様に親友と戦わなくてはならない状況に思い悩み苦しむ。だが、戦友であるニコルの死をきっかけにキラを討つ事を決意しストライクを撃破する。その後、国防委員会直属の特務隊に転属となりプラントへと戻るが、そこでラクスが新型MSフリーダム強奪の手引きをしたとして、国家反逆罪で追われていることを知り驚愕。だが、ハロの導きによりラクスと再会。ラクスからキラが生きていると告げられ、そして何の為に戦うのかを問われアスランの心は大きく揺れ動く。その後、フリーダム追撃の命令を受けて新型MSジャスティスを受領、地球へと舞い戻り、キラと再会を果たす。そして、キラと同じく戦いの根を確かめる決意をし、キラ達と共に戦うのであった。ジェネシスを巡る最終決戦では、ジェネシス発射を阻止すべく、内部でジャスティスを自爆させる決意をし、自らも死を覚悟する。だが、惹かれ始めていたカガリの説得により、生きる望みを捨てず、無事生還している。

リンク集

アクセスランキング

人気のページ

{{error}}
※ただいま集計中です。
  • {{page.rank}}
    {{page.name}}
    ({{page.count}} {{page.count > 1 ? 'views' : 'view'}})

関連動画

●ゲーム紹介PV

●ティザーPV

最新の更新ページ

{{error}}
最新の{{count}}件
編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 GジェネレーションRE (ジージェネ アールイー)攻略まとめwiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

GジェネレーションRE (ジージェネ アールイー)攻略まとめwikiへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。