• TOP>
  • ホイール&タイヤ改造のススメ Ver.1.4

ホイール&タイヤ改造のススメ Ver.1.4

ホイール&タイヤに関する細かい改造の指針やオススメパターンを解説しています。

パラメータの略称

:スピード :パワー :コーナー安定
:スタミナ耐久 :重さ

ホイールとタイヤの改造

ホイールとタイヤは種類も多いためセッティングの組み合わせの種類も豊富で、ボディやモーターなどの次に影響が大きいパーツとなっている。

さらに、Ver.1.4からはリヤタイヤのタイヤ摩擦値もタイヤグリップに反映されるようになったうえ、前後で異なる大きさのタイヤを装着しているとスピードロスが発生されたりと、大幅に調整されたことで、セッティングが大きく変わっている。

そのため、現在は前後のタイヤ径を揃えたうえで、以下のような改造を施すといい。

ホイールの改造

ホイールは、パワーロスとパワーを中心に改造していく。

一部のホイールでは、フロントとリヤとで改造内容が異なっているものもあるので注意。

ホイールの代表的な改造例

パーツ改造項目内容
通常のホイール・フロントタイヤの固定×6パワーロス 〇
パワー 〇
通常のホイール・リヤタイヤの固定×6パワーロス 〇
スピード 〇
ワンウェイホイールギヤ精密調整×4パワーロス 〇〇
パワー 〇
タイヤの固定×2パワーロス 〇
パワー 〇

タイヤの改造

タイヤの改造は、タイヤ摩擦が上がる改造を優先して行い、スパイクタイヤなどのようにすべてをタイヤ摩擦で改造できないものは、パワーロスの改造を行おう。

ただし、使うモーターによってはタイヤ摩擦が過剰になることもあるので、その場合に備えてわずかにタイヤクリーニングを施したものも用意しておくとベター。

また、コーナーが多いテクニカルコースではタイヤ摩擦の強化に加えて、タイヤ面取りなどでタイヤ旋回を上げたタイヤを用意できるとなおよい。

タイヤの代表的な改造例

カテゴリー改造項目内容
通常のタイヤトレッドパターン加工×2タイヤ摩擦 〇〇
パワー 〇
タイヤウォーミングアップ×4タイヤ摩擦 〇〇
パワー 〇
スパイクタイヤタイアウォーミングアップ×4タイヤ摩擦 〇〇
パワー 〇
タイヤクリーニング×2パワーロス 〇
パワー 〇

ここでは、よく用いられる人気のパーツをいくつかピックアップして、改造の指針や使いどころを紹介していく。

小径

小径の場合は、多くのサーキットに対応可能な小径ナローワンウェイ+小径レストンスポンジの組み合わせがオススメ。
軽量化のために、前後ともにフロントのホイールとタイヤを装着するのも方法の1つだ。

【ホイール】小径ナローワンウェイ

アイコンパーツ名
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/wheel_f/14001700小径ナローワンウェイ・フロント8.05.04.02.63.0
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/wheel_r/14101700小径ナローワンウェイ・リヤ8.05.04.02.64.5

ホイールで人気があるのは、やはり小径ナローワンウェイだ。
ミニ四ワールドでは、このホイールさえあればほとんどのサーキットをクリアできるので、まっさきに改造しておきたい。

【タイヤ】小径レストンスポンジ

アイコンパーツ名
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/tire_f/14200900小径レストンスポンジ(青)・フロント3.010.04.82.02.5
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/tire_r/14300900小径レストンスポンジ(青)・リヤ3.010.04.82.03.5

小径のホイールを使う場合は、だいたいこのタイヤで突破できるので、小径ナローワンウェイと合わせて改造しておきたい。

【タイヤ】小径ショック吸収

アイコンパーツ名
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/tire_f/14201600小径ショック吸収・フロント3.010.04.82.02.0
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/tire_r/14301600小径ショック吸収・リヤ3.010.04.82.03.0

小径レストンスポンジよりも少し軽くタイヤ反発が低いので、バウンドが原因でコースアウトになる場合はこちらを使うのもありだ。

大径

大径の場合は小径以上に最高速度を出すことが求められるため、細かいセッティングが求められてくる。

最高速度を求める場合は、大径ライトウェイトとスパイクタイヤの組み合わせがオススメ。このとき、リヤにもフロントのホイールを使うとパワーが高くなり、タイムを縮めやすくなる場合がある。

ただし速すぎてタイヤ摩擦の数値が足りなくなってしまう場合もあるので、そのときはフロントにタイヤ摩擦の数値が高い大径ワイドスポンジを装着して、さらにこの数値を生かすためにフロント側に重心を動かそう。

さらにウェーブが設置されているサーキットや、高いコーナー安定が必要なサーキットでは、ホイールを大径ワンウェイに切り替えるなどの使い分けをしていこう。

【ホイール】大径ライトウェイト(白)

アイコンパーツ名
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/wheel_f/14000500大径ライトウェイト(白)・フロント11.02.01.02.01.5
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/wheel_r/14100500大径ライトウェイト(白)・リヤ11.02.01.02.02.0

大径のなかでも最も軽いうえ、スピードに対してパワーの数値のバランスがいいので、最高速度が必要なサーキットでは重宝する。

【ホイール】大径ワンウェイ

アイコンパーツ名
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/wheel_f/14001300大径ワンウェイ(黄)・フロント10.03.04.02.63.0
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/wheel_r/14101300大径ワンウェイ(黄)・リヤ10.03.04.02.64.5

コーナーが多いサーキットでは、こちらのホイールのほうが相性がいい場合が多い。

【タイヤ】大径スパイク

アイコンパーツ名
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/tire_f/14200100大径スパイク・フロント12.00.01.82.85.5
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/tire_r/14300100大径スパイク・リヤ12.00.01.82.87.5

現時点で最大のタイヤ径である31のタイヤのなかで、最もタイヤ摩擦の数値が高いので、最高速度を出しやすい。
このタイヤに、ボディ特性の(S)パワードリフトを組み合わせることで、高い最高速度を出せるようになる。

【タイヤ】大径ワイドスポンジ

アイコンパーツ名
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/tire_f/14200600大径ワイドスポンジ(黒)・フロント11.02.010.04.04.5
/theme/dengekionline/mini4wd/images/data/parts/tire_r/14300600大径ワイドスポンジ(黒)・リヤ11.02.010.04.05.5

タイヤ径は30と大径スパイクよりも小さいが、タイヤ摩擦の数値が大径のなかでも最も大きいのが特徴。
タイヤがスリップしてタイムが伸びない場合などに、前後ともに使うのではなくフロントにだけ装着するのにも最適なタイヤだ。

アクセスランキング

関連動画

● 『ミニ四駆 超速グランプリ』 新CM(30秒)

● 『ミニ四駆 超速グランプリ』 オープニングムービー

● 「第2回 SG超速グランプリ」 決勝トーナメント

人気のページ

最新コメント

最新の更新ページ

公式Twitter

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 【超速GP】ミニ四駆 超速グランプリ攻略まとめwiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

【超速GP】ミニ四駆 超速グランプリ攻略まとめwiki へようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。