• TOP>
  • ■■■■■

■■■■■

/theme/dengekionline/oreshika2/enemy/■■■■■.jpg
鬼神名戦勝点弱点性別体力技力攻撃防御敏速技火技水技風技土
■■■■■324076506008501020800600600600600
柔肌64715306007651020800600600600600
青爪64710202007651020800200200200200

「■■■■■」

行動名対象効果
通常攻撃味方単体
通常攻撃味方一列
毒の息(青色時)味方全体
咆哮(黄色時)味方全体行動不能、封印、混乱、防御低下、敏速低下のいずれかの効果を付与
後光全体自身に不利な効果を消しつつ、一族に有利な効果を消す
術を使用(青色時)「富士山」「荒吐鬼」
術を使用(黄色時)「凄ノ雄」「清水」
術を使用(赤色時)「凄ノ雄」「清水」

「柔肌」

行動名対象効果
外法印全体一族の敏速を下げ、敵全体の敏速を上げる
霊法印敵単体技力を回復
「花乱火」「真名姫」「魔王陣」「仙酔水」「寝太郎」「光無し」「大照天」

「青爪」

行動名対象効果
通常攻撃味方単体
通常攻撃味方一列
かばう敵全体一族からの攻撃をかばう
力溜め自身次の攻撃のダメージを増加する
説法印全体一族の防御力を下げ、敵全体の攻撃力を上げる

このボスは、青爪と柔肌というお供をつれて登場する。
本体は一列攻撃や、全員を毒にする状態異常攻撃のほか、青爪と柔肌が生存している場合は全体の攻撃力上昇と味方全体の防御力減少の効果をもつ「説法印」という行動をとる。
お供の青爪は「真名姫」や「太照天」などの術を、柔肌は単体、一列攻撃や「溜める」などを使用する。いずれも体力は高くないが、倒しても一定ターンが経過すると復活してしまう。
また、ボスは体力が減るにつれ形態(体の色)が変化。このとき、倒した青爪、柔肌も復活するので注意しよう。
ボスの体力がおよそ半分になると黄色に変色し、本体が2回行動するようになる。さらに、体力がおよそ1/3になると赤色に変色し、味方全員を行動不能状態にする「咆哮」を使用するようになる。

「説法印」を重ねて使われると、800以上のダメージを受けることもあり非常に危険なので、まずは奥義や術の併せで素早くお供を撃破して「説法印」を封じよう。このとき、術攻撃が主体の青爪を狙うのがオススメだ。
「説法印」や「外法印」を使われてしまったら、すばやく「清水」の術で効果を打ち消していこう。このとき、味方の強化術の効果も消えてしまうので、重ねはせずに「速鳥」「陽炎」「石猿」を1段階ずつかけておけばいいだろう。
また、形態が変化すると非常に危険なので、ボスの体力が60%にしてから、奥義・術の併せで一気に体力を減らし、形態変化の期間を短縮すると終盤の戦いがグッと楽になる。
なお、ボスが後列にいてメインアタッカーが攻撃できない場合は、「反転の香」を使って、無理やり前列に引きずりだすのもあり。