• TOP>
  • コントロールフェーズのコツ

コントロールフェーズのコツ

コントロールフェーズでは気合ゾーンLvが高い位置をキープし、うまく気合を高められるかがカギとなります。
また、若駒モードではウマの成長にかかわるスペシャルカードを拾うことも重要です。

理想の位置取りを目指す

気合気合ゾーンLv3がもっとも溜まりやすく、なおかつ人馬一体を狙えるため、気合3をキープするのが理想的だ。
その場合、コースのイン側に寄るとソリティアの難易度がかなり高くなるため、5~7レーン辺りを狙うのがオススメだ。

他馬の動きを予測する

人馬一体が発動すれば他馬を気にせずラインを引けばいいが、それ以外のときは他馬との接触に注意が必要。
他馬よりも気合が勝っていれば押しのけて移動できる。
付近の他馬の気合はタッチ画面上に表示されるため、自分よりも気合の高いウマとの接触は避けるようにしよう。
また、赤く点滅する暴走馬は、気合に関係なく跳ね飛ばされるため、暴走馬の正面には出ないようにしよう。

気合ゾーンの変化

気合ゾーンLvはペースの変化や自分自身の位置取りによって変化する。
また、脚質によっても変化の仕方が異なる。
気合ゾーン予報の矢印が少ないときは少しだけ、たくさん出ているときは大きく動くことが予想される。
どれくらい移動するかを予測して、ラインを引くことが大切だ。

コスコスくんのこすり所

コスコスくんをこすって変換できる気合の量は、ご機嫌がいいときのほうが多くなる。
ご機嫌が青のときと比べると、赤のときは変換量が半分ほどに減ってしまうのだ。
そのため、ご機嫌が黄色以下であれば、おりあいパワーがなくなるまでこすらず、50~60ほど残しておき、ご機嫌回復後に次のコントロールフェーズで変換するという手もある。

スペシャルカードの拾い方

スペシャルカードは配置場所から真横に流れてくるため、うまく拾うには横軸が合う位置へ移動。
カードの端にさわれば拾えるので、複数がかたまっているときは、より多くキャッチできる軸を見極めよう。
また、明らかに他馬に押されてスペシャルカードの位置がズレそうなときは、そのズレを予測することも大切だ。

line01.png

けいけいんちカード2枚と上のひらめきカード1枚を狙う。
5番が直進した場合、ひらめきカードが上にズレそうだが、この横軸を狙えばキャッチできる。

line02.png

6番と8番の動きが気になるが、このような場合は4枚すべてをキャッチできる横軸を狙ってみる。
ナナメに移動するのは、気合ゾーンLv3を狙うため。

コーナーロスに備える

パーフェクトがなかなか達成できないときは、コースレーダーを見て、コーナーが来る手前でコースのイン側へ移動。
コーナーロスのエリアはレースのペースと競馬場の形状で変わるため、影響を受けないギリギリのレーンを目指そう。
形状については競馬場データを参照してほしい。
なお、特性コーナー得意のウマであれば、コーナーロスは無視できる。

■コーナーロスを受けないレーン

ペースレーン
大回りの競馬場小回りの競馬場
超SLOW1~61~5
SLOW1~51~4
平均1~41~3
HIGH1~31~2
超HIGH1~21

最終コーナーでの位置取り

最終コーナーでイン側にいると、最後の直線で馬群に埋もれて抜け出せなくなることが多い。
それを避けるには、最終コーナーで4レーン以上のアウト側に位置しておくのがオススメだ。
ただし、アウト側はコーナーロスを受けるため、パーフェクト効果でスタミナが減らないようにしよう。
パーフェクトを達成できなかったときは、速やかにコーナーロスを受けないレーンへ移動し、スタミナを温存すること。

スタートのコツ / ソリティアフェーズのコツ / コントロールフェーズのコツ / 最後の直線のコツ / ソリティアのコツ / 育成のコツ / オススメの特性・スキル

コメント

コメントの投稿にはTwitterのログインが必要です。利用規約はこちら