施設

城下町にはさまざまな施設を建設できます。
最初からある本丸兵舎を除き、万屋から任意の施設を購入して建設できます。

施設の種類

ここでは本丸兵舎万屋で購入できる資源施設と軍事施設、景観施設を紹介する。
表中の各施設を選択すると、強化時の詳細なデータを確認できる。

machi_shisetu01.png
本丸城下町の中核となる施設。強化すると耐久値が上昇するほか、他の新しい施設が建設可能になり、他の施設のレベル上限もアップする
兵舎城下町に暮らす兵たちが集まる施設。強化することで部隊編成コストと士気が上昇する。
資源施設大工大工が集まる施設。小判1000で追加でき、大工の数だけ施設を同時に建設・強化できる。
銀山が採掘され、強化を行うことで生産量と施設内の貯蔵量が増加する。
水田が収穫され、強化を行うことで生産量と施設内の貯蔵量が増加する。
銀蔵強化を行うことでの最大貯蔵量が増加し、より大きな資源を必要とする建設や強化を行えるようになる。
米倉強化を行うことでの最大貯蔵量が増加し、より大きな資源を必要とする建設や強化を行えるようになる。
軍事施設練兵所兵士たちを訓練する施設。訓練には兵科ごとに決まった量のが必要になり、練兵所のレベルが上がるほど、各兵科のレベルも上げられるようになる。
防衛施設軍事施設のうち、城下町の防衛で役に立つ施設。壁、大筒、炮烙櫓、鉄砲櫓、連大筒の5種類がある。
詰所防衛時に敵と戦う兵士が詰めている施設。足軽詰所、弓兵詰所、鉄砲詰所、騎兵詰所の4種類がある。
侵攻してきた武将兵士を検知して攻撃する施設。炮烙玉と平蜘蛛の茶釜の2種類がある。
景観城下町を賑やかに飾ることができる施設。

施設の建設

城下町に新しい施設を建設する際には、万屋から建設したいものを選べばいい。
建設可能なスペースがあると×が表示され、をタップすると建設できる。
その後施設をタップすると、好きな場所に移動できる。

machi_shisetu02.png

施設の貯蔵量

貯蔵量には本丸銀蔵米倉のものと、銀山水田のものの2種類がある。

本丸、銀蔵、米倉の貯蔵量

本丸銀蔵米倉の貯蔵量は、城下町に貯蔵できるの上限を意味する。
厳密に言うと、の最大貯蔵量は本丸銀蔵の合計、の最大貯蔵量は本丸米倉の合計だ。
たとえばレベル4の本丸(貯蔵量1000)と、レベル5の銀蔵(貯蔵量65000)が1個ある場合、貯蔵できるの上限は66000となる。
城下町の画面左上に表示されている「MAX:」のあとにある数値は、この上限を意味する。
ちなみに、最大貯蔵量を超える資源は収穫できないので、上限を増やすか施設建設などで資源を消費してから収穫しよう。

銀山、水田の貯蔵量

銀山水田の貯蔵量は、その施設内に貯蔵しておける資源の上限を意味する。
上限を超える資源は貯蔵できないため、上限に達する前に回収しよう。