ハンマーの攻撃、立ち回り解説

『DEATHVERSE: LET IT DIE』(デスバース:レット イット ダイ)の、ハンマーの各種攻撃、立ち回りについて解説します。
※以下、すべてのデータはダメージは獲得GPやバックアタックの影響など、各種ダメージ補正が入っていない初期状態のもの。
※データの確認はトレーニングで行っている。

通常攻撃

基礎ダメージ:360(1撃目のみ)、370(2撃目以降)

ハンマーを叩きつける攻撃で、コンボという概念はなく、攻撃ボタンを押すごとに攻撃が出続ける。
ただし、攻撃速度が遅いがゆえに連続でヒットしないため、一撃を当ててもつぎの攻撃が発生する前にシールドを展開されたり、通常攻撃で反撃されることがある。
また、シールドで防がれるとリバースストライクで簡単に返されてしまうので、不用意に通常攻撃を連発しないほうがいい。
ただし、シールド破壊能力は高く、2連続でガードさせれば敵のシールドを破壊できる。
ハンマーの立ち回り

特殊攻撃

基礎ダメージ:330~480(溜め段階でダメージが上がる)

ハンマーを地面に叩きつけ、正面に衝撃波が出る。
ハンマーの立ち回り
ボタンを長押しすることで溜められ、溜めるほどダメージと攻撃範囲がアップする。
最大まで溜めるとそこそこ遠くにいる敵にも当たる。
ハンマーの立ち回り
溜めているあいだにステップを出せば、溜めをキャンセルできる。
ハンマーの立ち回り
通常攻撃と織り交ぜて出すことで、シールド破壊を狙いたい。

ダッシュ攻撃

基礎ダメージ:250

前方に走りながら、ハンマーを前に突き出す。
離れた敵のシールド破壊を狙ったり、逃げる敵を追っているときはこの攻撃を使おう。
ハンマーの立ち回り

ステップ攻撃

基礎ダメージ:250

ステップ後、左に回転しながら大きく前に移動しつつハンマーを振り回す。
移動距離が長いので、少し距離が離れた敵を追撃するときに使おう。
敵のシールドの裏に回り込むようにステップすると、シールドの裏から当てやすい。
ハンマーの立ち回り

対ハンマーの立ち回り

一撃の威力がとにかく大きく、攻撃を数発当てられただけで倒されてしまうことも多いが、通常攻撃をシールドで防げば確実にリバースストライクが当てられる。
ただし、2連続でガードするとシールドが壊れてしまうので、1撃防ぐたびにリバースストライクを狙うといい。
ハンマーの通常攻撃は横ステップでも回避しやすいので、シールドとステップを使ってしっかりと身を守りつつ、確実に反撃を当てるという立ち回りがおすすめだ。
シールド展開中に相手が特殊攻撃を出そうとしてきたら、素早く横か後ろにステップを2回出してローリング回避まで行えば、相手の攻撃範囲外まで逃げやすい。

関連リンク


アクセスランキング

関連動画

●公式配信2022.12.01

●公式配信2022.11.29

●公式配信2022.11.23

●公式配信2022.11.22

公式YouTubeまとめはこちら

人気のページ

最新コメント

最新の更新ページ

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 【デスバース】DEATHVERSE:LET IT DIE(レット イット ダイ)攻略まとめwiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

【デスバース】DEATHVERSE:LET IT DIE(レット イット ダイ)攻略まとめwikiへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。