• TOP>
  • 与ダメージ考察

与ダメージ考察

『DEATHVERSE: LET IT DIE』(デスバース:レット イット ダイ)の、武器種ごとの攻撃のダメージ、デスブロウごとのダメージをまとめた。
なお、本作では同じ武器種であれば、攻撃の基礎ダメージや付随するデスブロウの効果、技のモーションは変わらない。

※以下、すべてのデータはダメージは獲得GPやバックアタックの影響など、各種ダメージ補正が入っていない初期状態のもの。
※データの確認はトレーニングで行っている。
※数値はシーズン1フェイズ2時点のもの。

武器種ごとの基礎ダメージ

武器種通常攻撃・コンボのダメージ特殊攻撃のダメージ
マチェーテ1撃目:70
2撃目:110
3撃目:160
合計340
300
1撃目:100
2撃目:100
3撃目:170
合計370
350
※カウンター発動時
ハンマー1撃目:360
2撃目以降:370
※連続ヒットしない
330~480
※溜め段階でダメージが上がる
アームズ1撃目:25+100
2撃目:35+120
3撃目:250
合計530
(2撃目までは合計280)
※3撃目は連続ヒットしない
250
丸鋸1撃目:30+35+40+80
2撃目:30+35+40+80
3撃目:30+100
合計340(※)
※3撃目まで最大ヒットさせたとき。
→詳細はこちら
320
ツインナイフ1撃目:20+20
2撃目:30+30
3撃目:40+100
合計240
250

1撃の威力はハンマーが圧倒的で、ツインナイフがもっともダメージが低い。
ただし、ハンマーは通常攻撃をシールドで防がれると、ほぼ確実にリバースストライクで返されてしまうという危険性もある。
丸鋸はコンボのつながり方が特殊なので、詳細は下記を参照。
丸鋸の攻撃、立ち回り解説
アームズは3撃目まで当てると与えるダメージは大きいが、2撃目までヒットしていた場合でも3撃目が当たるまでに相手のシールド展開が間に合うため、連続ヒットしない。

武器種ダッシュ攻撃のダメージステップ攻撃のダメージ
マチェーテ合計2201撃目:30
2撃目:200
合計230
1撃目:200
2撃目:100※
3撃目:170※
合計470
※ダッシュ攻撃のあと、コンボの2、3撃目につながる
1撃目:150
2撃目:100※
3撃目:170※
合計420
※ダッシュ攻撃のあと、コンボの2、3撃目につながる
ハンマー250250
アームズ2501撃目:100
2撃目:140
合計240
丸鋸2501撃目:100
2撃目:150
合計250
ツインナイフ2001撃目:100
2撃目:120
合計220

ダッシュ攻撃、ステップ攻撃は、基本的にどの武器のダメージは横並びだが、ツインナイフのみ少々弱め。
刀はダッシュ攻撃、ステップ攻撃のあとにコンボの2撃目、3撃目がくり出せるので、最初の一撃を当てれば大ダメージが狙える。

武器種デンジャラスダイブ
マチェーテ下に構えた武器のダメージ:80~100
落下時の衝撃ダメージ:150~350
下に構えた武器のダメージ:80~100
落下時の衝撃ダメージ:170~370
ハンマー下に構えた武器のダメージ:80~100
落下時の衝撃ダメージ:180~380
アームズ下に構えた武器のダメージ:80~100
落下時の衝撃ダメージ:140~340
丸鋸下に構えた武器のダメージ:80~100
落下時の衝撃ダメージ:150~350
ツインナイフ下に構えた武器のダメージ:80~100
落下時の衝撃ダメージ:140~340

デンジャラスダイブ中は、下に構えた武器にも当たり判定がある。
その部分は全武器共通で80~100ダメージ。
与ダメージ
デンジャラスダイブの着地時に出る衝撃波にもダメージがあり、武器によってダメージが多少変わる。
衝撃波のダメージは、デンジャラスダイブの落下距離によって変化する(高所から落下するほどダメージが上がる)。
2段ジャンプで登れる程度の高さで放った場合は衝撃波が最少ダメージになり、アタッチスキルのバウンドリフトを使って飛べる高度以上でデンジャラスダイブを放つと最大ダメージが出せる。
与ダメージ
各武器の攻撃、立ち回り解説まとめ

各デスブロウの基礎ダメージ

デスブロウ名デスブロウのダメージ
ドライブスマッシャー1撃目:120
2撃目:340
合計470
ナパームショット1撃目:200
2撃目300
合計500
ゼロファイア450
秘剣疾風払い350
漣の舞1~3撃目:100
4撃目:300
合計:600
心眼一閃380~500
※溜め時間で段階的にダメージがアップ
アイアンゴーラウンド1~3撃目:100
4撃目:200
合計500
クラッシュホッパー520
リフレインチェイサー210×3
合計630
※3つの渦がすべてヒットした場合
アトミックサンダーアタック1撃目:60
2撃目:110
3撃目:130
4撃目:230
合計530
ボルティックベアブロウ1撃目:120
2撃目:140
3撃目:170
合計430
※3撃目は連続ヒットしない
アストロジャンパー300
サーフマニューバー1~7撃目:50
8撃目:300
合計:650
トルクサラマンダー320×2
合計640
※2つのギアがすべてヒットした場合
カタパルトモーター350
跳躍の牙突1撃目:250
2撃目:130
合計380
滅びの旋風1撃目:65+150
2撃目:65+150
合計430
廻りし双刀1~14撃目:25
15撃目150:
合計500

すべての攻撃をヒットさせたと仮定すると、サーフマニューバーのダメージがもっとも大きいが、敵プレイヤーを壁際に追い込むなどの条件下でない限り、すべてヒットさせることは難しい。
リフレインチェイサートルクサラマンダーも前述と同様で、とくにトルクサラマンダーが2撃ヒットすることはまれ。
連続ヒットするデスブロウは、基本的に最後の攻撃のダメージが大きいので、そこを外さないようにしたい。
デスブロウ一覧

与えるダメージがアップする要素

与えるダメージをアップさせる要素は、おもに以下の通り。
●獲得GPによる攻撃力上昇
●バックアタック時のダメージ上昇
●ハイパーデスブロウによるダメージ上昇
●レイジングブルによるダメージ上昇
●0.1tへビィフォールによるダメージ上昇
●トーチソードによるダメージ上昇
●リバースストライクによる固定ダメージ加算

獲得GPによる攻撃力上昇

バトル中に稼いだGPに応じて、攻撃力がアップする。獲得GPと攻撃力アップの関係は下記の通り。

バトル中の総獲得GP攻撃力の上昇段階攻撃力の上昇率
1000~19991段階×120%
2000~29992段階×135%
3000~39993段階×150%
4000~49994段階×165%
5000以上5段階×180%

5段階目に達すると、与えるダメージが1.8倍まで上昇するので、非常に効果が高い。
敵を倒すためには、なるべく早い段階でGPを稼ぐことが重要だ。

GPの稼ぎ方

バックアタック時のダメージ上昇

敵プレイヤーを背後から攻撃するとバックアタックになり、与えるダメージが5%アップする。
マスタリーボーナスがドッグファイターの場合、背後からのダメージがさらに大きくなる。
具体的な数値は下記の通り。

ドッグファイターなしダメージ×105%
ドッグファイターIダメージ×130%
ドッグファイターIIダメージ×135%
ドッグファイターIIIダメージ×140%

マスタリーボーナスがドッグファイターの場合は、積極的に背後からの奇襲を狙いたい。

ドッグファイター

ハイパーデスブロウによるダメージ上昇

各武器種で初めから持っている、あるいは最初に作れるようになる武器は、すべてマスタリーボーナスがハイパーデスブロウとなっている。
そのため、武器Lv.1の段階からハイパーデスブロウの効果でデスブロウの威力がアップしている。
具体的な数値は下記の通り。

ハイパーデスブロウIダメージ×110%
ハイパーデスブロウIIダメージ×115%
ハイパーデスブロウIIIダメージ×120%

ハイパーデスブロウIIIの場合は20%アップするので、ドライブスマッシャーなら合計で564、サーフマニューバーがすべてヒットした場合は合計で780ものダメージとなる。

ハイパーデスブロウ

レイジングブルによるダメージ上昇

パークを開放し、レイジングブルをセットしている場合、ボルテージ500以下で与えるダメージが30%アップする。

パーク

0.1tへビィフォールによるダメージ上昇

マスタリーボーナスが0.1tヘヴィフォールの場合、デンジャラスダイブのダメージがアップする(武器のダメージ、衝撃波のダメージの両方)。
具体的な数値は下記の通り。

0.1tへビィフォールI×120%
0.1tへビィフォールII×125%
0.1tへビィフォールIII×130%

デンジャラスダイブのみ威力が上がるため、このマスタリーボーナスを持つ武器の場合、アタッチスキルでバウンドリフトを選ぶ優先度が上がる。

0.1tヘヴィフォール

トーチソードによるダメージ上昇

メインスキルのトーチソードを使うと、デスブロウ以外の攻撃によるダメージが×130%される。

トーチソード

リバースストライクによる固定ダメージ加算

敵の攻撃をシールドで防いだあと、一定時間内に攻撃をくり出すとリバースストライクとなって、固定のダメージが加算される。
マスタリーボーナスがハードリヴェンジの場合、加算されるダメージ量がさらに増える。
具体的な数値は下記の通り。

ハードリヴェンジなしダメージ+250
ハードリヴェンジIダメージ+350
ハードリヴェンジIIダメージ+363
ハードリヴェンジIIIダメージ+375

ほかの割合ダメージボーナスと違い、リバースストライクはどの攻撃で発動した場合でも、加算される数値は上記で固定される。
リバースストライクは、通常攻撃で発動させてそのままコンボに繋げたり、連続ヒットするデスブロウで発動させるのがおすすめだ。

ハードリヴェンジ

各ダメージアップの効果は同時に適用される

前述の各ダメージアップの効果は、発動条件を満たせばすべての効果が同時に適用される。

例)
・ハンマーを装備
・GP5000以上(攻撃力5段階アップ)
・レイジングブルをセットしてボルテージ500以下
・リバースストライクで通常攻撃(1撃目)を当てる
上記の条件だと、通常攻撃のダメージが1092になる。
与ダメージ
前述のケースの計算式は以下の通り。
360(通常攻撃)×180%(GPによる攻撃力5段階アップ)×130%(レイジングブルのダメージ上昇)+250(リバースストライクのダメージ加算)
上記数値で1092.4で、小数点以下を四捨五入で1092ダメージとなる。
乗算となるダメージ補正がすべて計算され、リバースストライクの固定値が最後に加算されるというイメージだ。

つまり、ダメージを算出する式は
●ヒットした攻撃の基礎ダメージ×すべての乗算補正+加算補正(小数点以下は四捨五入)
となる

【乗算となるダメージ補正】
●GP上昇による攻撃力アップ
●背後からのダメージ(ドッグファイターも含む)
●レイジングブル
●ハイパーデスブロウ
●0.1tへビィフォール
●トーチソード
【加算となるダメージ補正】
●リバースストライク(ハードリヴェンジも含む)

理論値での最大ダメージ

一撃でもっとも大きなダメージが出る攻撃を調査すべく、各種データを検討。
武器を問わず容易にダメージを増やせる条件が下記だった。

●GPは5000以上にして攻撃力5段階アップにする(+80%)
●パークはレイジングブルをセットし、ボルテージを500以下にする
●リバースストライクを狙うか、背後から攻撃する
●リバースストライクを背後から当てることも可能ではある

これらを踏まえたうえで、ほかのダメージアップ要素も検討し、もっとも一撃の威力が大きくなる武器が地鳴りの破城槌のクラッシュホッパーだった。
クラッシュホッパーはダメージ520と単体攻撃の中で最大の威力を誇るうえ、武器のマスタリーボーナスがドッグファイターであることも大きい。

●GP5000以上
●背後から攻撃(ドッグファイターIII)
の状態でクラッシュホッパーを当てると、1310ダメージが出た。
与ダメージ
さらにパークでレイジングブルをセットし、ツインナイフのデスブロウをガードしたあと背後に回ってクラッシュホッパーを当てると以下のダメージにアップする。
与ダメージ
520×180%(GP5000)×140%(ドッグファイターIII)×130%(レイジングブル)+250(リバースストライク)=1953.52
小数点以下は四捨五入で1954ダメージとなる。
これがおそらく一撃での最大ダメージになると思われる。

関連リンク

アクセスランキング

関連動画

●公式配信2022.12.01

●公式配信2022.11.29

●公式配信2022.11.23

●公式配信2022.11.22

公式YouTubeまとめはこちら

人気のページ

最新コメント

最新の更新ページ

編集メンバー参加申請

こちらの申請フォームより、Wikiの管理人へ参加申請をしてください。

管理人が申請を承認すると、編集メンバーに参加できます。

編集メンバーの詳細はこちらから。

あなたのアカウント ゲスト
サイト名 【デスバース】DEATHVERSE:LET IT DIE(レット イット ダイ)攻略まとめwiki
メッセージ ※メッセージは100文字以内で入力してください。
編集メンバー参加申請

編集に参加するにはログインが必要です。

【デスバース】DEATHVERSE:LET IT DIE(レット イット ダイ)攻略まとめwikiへようこそ!

{{isNeedLogin ? 'この機能のご利用には、Twitterでログインをお願いします。' : 'ログインはTwitterのアカウント連携で行います。'}}
※勝手にツイートすることはありません。