• TOP>
  • フロントコアLv別オススメ編成

フロントコアLv別オススメ編成

ここでは、フロントコアLv5までの、Lvごとのオススメの部隊編成を紹介しています。

開始直後のオススメ編成

recommend_01.png

戦艦ミデア
量産機初期機体 + Shooterタイプ(開発ツリー2番目)
エースエース(開発ツリー3番目)
出撃順初期機体→エース→Shooter
コスト450~550

開発ができるようになったら、すぐに開発ツリーの2番目にあるShooterタイプザクIIトーラスティエレン地上型)を作り、さらに開発ツリーの3番目にあるエースシャア専用ザクIIガンダムヘビーアームズザクウォーリア(ルナマリア))を開発しよう。

フロントコアLv2のオススメ編成

recommend_02.png

まずProductII以外を初期に選択した場合はProductIIを修復しよう。
その後、トーラス(サンクキングダム)を開発し、Warriorタイプの初期機体と入れ替えたい。
Shooterタイプはコスト面で優れたジムがオススメ。

フロントコアLv3のオススメ編成

recommend_03a.png

戦艦ホワイトベース
量産機ドムトーラス(サンクキングダム)orジムジム・カスタム
エースストライクガンダム
出撃順トーラス(サンクキングダム)ドムストライクガンダム→※ジムジム・カスタム※その機体を編成に入れていない場合は次の機体を投入
コスト5350~5450

フロントコアをLv3にしたら、まずホワイトベースドムの開発を目指そう。
ドムは砲台優先。これを無差別のWarriorタイプShooterタイプの量産機で補佐する。
次に開発したいのがジム・カスタムだ。
エースのストライクガンダムは砲台優先なのでドムとセットで使うと強力。
損傷しやすいため、Shooterタイプのエースと交代させつつ使っていこう。
なお、この段階で初のGurdianタイプとなるM1アストレイが開発できる。
高いコストを払えるなら壁役として投入してもいいだろう。

フロントコアLv4のオススメ編成

recommend_04a.png

フロントコアLv4では、最優先で戦艦プトレマイオスを開発しよう。
エース、量産機の枠が共に1枠ずつ増えるので大幅な戦力強化になる。
次にProductIIをLv2にアップし、デスアーミーの開発を急ごう。
この後Warriorタイプの量産機はしばらく開発できないので、長く使うことになる。
手強い相手なら火力不足のジムドムを壁役のハイゴッグと換えるのもいいが、コストの高さがネックとなる。
低コストの編成とうまく併用していきたい。

フロントコアLv5のオススメ編成

recommend_05a2.png

フロントコアLv5ではClusherタイプFlierタイプが開発可能となり、編成と戦術の幅がさらに広がる。
ここで最優先したいのはシャッコーの開発だ。
Shooterタイプは砲台優先のヘビーガンを加えたいが、機数の少なさが難点。ジム・カスタムと併用しよう。
フロントコア防壁で強固に囲った敵との戦いでは、壁破壊役としてClusherタイプジンハイザックを加える手もある。
さらにFlierタイプシャッコーガンダムXが加わると、戦術が大きく変化。
対空能力のある防衛施設とShooterタイプの防衛エースの撃破を優先的に狙い、安全を確保してからFlierタイプを投入すれば確実に勝利が得られるだろう。
圧倒的なスピードを持つBooterタイプで砲台優先のイフリート・シュナイドも面白い存在だ。
うまく使って対空迎撃ミサイル射撃タワーを速攻で破壊することができれば、Flierタイプの早期投入に繋げられる。

奪取用部隊

recommend_06.png

戦艦ミデア
量産機ガンタンクR-44ジム・カスタム
エースなし
出撃順ガンタンクR-44ジム・カスタム
コスト1850

勝利ではなく、資源と資金をメインに狙うための低コスト部隊。
できるだけ離れた位置から投入し、砲台の射程外ギリギリの位置から生産優先のガンタンクR-44でプラントを、ジム・カスタムでほかの施設を攻撃させよう。
反撃の心配がないならゲドラフや低コストのShooterタイプに置き換えてもいい。

部隊編成 / 制圧戦 / エース / モビルスーツ一覧 / Product_I / Product_II / Product_III / モビルスーツラボ / 戦艦 / 戦艦一覧