• TOP>
  • スタートのコツ

スタートのコツ

スタートソリティアは短時間でクリアするほど、ウマが気合ゾーンLvの高い位置へ向かいます。
目安として開始から2秒以内にクリアできれば、必ず気合ゾーンLv3に入れるので狙っていきましょう。
また、玉が多いSTART!カードを取るほど、おりあいパワーがたまるため、スピードに加えて5玉の入手も意識することが大切です。

カードを見抜く

START!カードの玉は5玉が最大なので、開始時にカードが降ってくるときに、5玉の位置を見抜こう。

kotu01.png

5玉は必ず1枚入っている。
よく見ていたにもかかわらず、確認できなかった場合は、一番右端に5玉が隠れている。

すばやくクリアするにはSTART!カードの手前に来るカードの数字にも注目。
最初から連番になっている列を見抜ければ、あとはすばやくタッチするだけだ。

kotu02.png

タテの列が連番になっていれば一気に取れる。

kotu03.png

2の奥に5玉がある場合。
一列の連番はないが、Q→K→A→2の順で5玉にたどり着ける。
このように他の列との連番を利用して5玉を狙えるケースもある。

スタートステッキとファストスタート

startST.png

おかいもので入手できるスタートステッキファストスタートの効果を利用すれば、スタートソリティアの数字のカードが1行になる。
数字のつながりを考える必要がないため、5玉の位置を見抜けば即スタート+おりあいパワー上昇を狙える。
スタートが苦手という人は活用しよう。

速さ重視かおりあいパワー重視か

とにかく短時間クリアで飛び出すか、多少時間がかかっても5玉を狙うかという点は、つねに迷うところだ。
理想は短時間+5玉入手だが、あえてスタートを遅らせるメリットも覚えておこう。

スタートを遅らせるメリット

短時間でスタートを決めると気合ゾーンLvが高い位置へ向かうため、直後のソリティアの場札が増える分、パーフェクトの難易度は上がる。
ソリティアが苦手なら少しスタートを遅らせ、気合ゾーンLv2を目指す手もある。
気合ゾーンLv3よりも場札の枚数が減るため、よりパーフェクトを狙いやすくなるはずだ。

また、スタート時にご機嫌が悪いウマは、気合ゾーンLv3を目指すと、場札が増えるうえに制限時間も短くなる。
その状態で場札を大量に残してしまうと、いきなり暴走する危険もある。
とくにグレードの高いG1レースでは制限時間がより短縮されるので要注意だ。
こんなときも、あえてスタートを遅らせてソリティアの難易度を下げるという方法もある。

気合ゾーンLvLv2を目指すなら、制限時間表示のウマのマークが、半分よりも少し手前の位置辺りで、スタートソリティアをクリアするのが目安だ。
なお、気合ゾーンLv1や気合ゾーン外であれば、さらにソリティアの難易度は下がるが、気合がかなり上昇しにくくなるので控えよう。

スタートのコツ / ソリティアフェーズのコツ / コントロールフェーズのコツ / 最後の直線のコツ / ソリティアのコツ / 育成のコツ / オススメの特性・スキル

コメント

コメントの投稿にはTwitterのログインが必要です。利用規約はこちら