交神

交神とは、元服した一族の者と神様とのあいだで行うことで、両者の遺伝子を受け継いだ子どもを生む儀式のこと。
神様との交神には、鬼を討伐したときに得られる「奉納点」が必要で、優れた遺伝情報をもった神様ほど必要な奉納点が高い。
交神によって生まれた子どもは、交神から2カ月後に一族に合流し、さらに2カ月の自習や訓練を経たあとに出陣できるようになる。

・遺伝情報
・遺伝の仕組み
・氏神
・転生
・双子
・一世の祝福

遺伝情報

遺伝子は全部で以下の12種類。

  • ・心火、心水、心風、心土
  • ・技火、技水、技風、技土
  • ・体火、体水、体風、体土

また、各遺伝子には以下の4つの情報がある。

  • 基本値:生まれたときの能力の初期値と、成長したときの上限値に影響
  • 成長値:成長したときの能力値の上昇量に影響。成長値と成長タイプで上昇量が決まる
  • 成長タイプ:年代による能力値の上昇度合いに影響して、早熟型や晩成型などが存在
  • 限界値:能力値の上限を決定する。基本値と限界値から能力値の限界を算出する

神様が持つ遺伝子は、母系、父系の両遺伝子情報を交神の画面で確認できるが、一族の遺伝子は本人の素質しか確認できず、母系、父系の遺伝子情報を確認することはできない(交神時に一瞬見ることはできる)。

基本的に、遺伝子のバーが長いほど優秀な遺伝子と考えていいが、「基本値」や「限界値」などの情報をゲーム内から読み取ることはできない。

遺伝の仕組み

子どもは、母系遺伝子と父系遺伝子、2つの遺伝子情報を持つ。

子どもの母系遺伝子の決定

子どもの母系遺伝子は、母の持つ「母系遺伝子」と「父系遺伝子」の2つから、どちらか1つがランダムに選ばれる。これらは、心技体の4属性12部門で別々に判定が行われる。

子どもの父系遺伝子の決定

同様に、子どもの父系遺伝子は、父の持つ「母系遺伝子」と「父系遺伝子」の2つからどれか1つがランダムに選ばれる。

これで、子どもの持つ、母系遺伝子と父系遺伝子が決定する。

子どもの素質の発現

子どもの母系遺伝子、父系遺伝子が決まると、この中からどちらかが子どもの「素質」として表面化する。この「素質」はその代限りのもので、子どもに遺伝する要素とはならない。

子どもへの遺伝に関係するのは、あくまでも「母系遺伝子」と「父系遺伝子」なので、子どもの素質が優れていなくても、母系、父系の遺伝子情報が優れていれば、それが次の子どもに遺伝する可能性がある。


氏神

優れた遺伝子を持った一族の者が死亡すると、コーちんから氏神に登録するかを確認される。
氏神は20人まで登録することができ、神様と同じように奉納点を支払って交神することが可能。
なお、氏神と交神する際の奉納点は、同程度の遺伝子をもつ神様よりも低く、安価で交神できる。

/theme/dengekionline/oreshika2/images/yashiki/ujigami02.jpg

▲七光りの御玉を使ったときの効果が、通常の神様よりも高いというメリットも。

氏神は自国の一族の者だけではなく、他国の氏神を分社して自国に呼んだり、前作(PSP版)からデータ内の上位3柱の氏神を引き継ぐことができる。

転生

物語が進むと、交神の間のコマンド一覧に「夜鳥子転生」が追加される。
夜鳥子は特別な職業である陰陽士として転生し、一族に加えることができる。
ほかの一族同様に2年程度で死亡してしまうが、死亡後一定期間経過すると再度転生させられる。
転生を繰り返すことで、能力が少しずつ成長するのも特徴的である。

双子

交神の際に子どもは基本的に1人で生まれてくるが、まれに双子で生まれてくることがある。
2人組の神様との交神や、一族の人数が3人以下の状態で交神すると双子が生まれる可能性が高くなる。
屋敷の空きが2人以上ないときは、双子は生まれない。

双子には以下の3タイプが存在する。

  • 一卵性双生児:親から受け継いだ容姿、遺伝子、性別がまったく同じの一卵性双生児
  • 二卵性双生児(同性):性別は同じだが受け継ぐ遺伝子や容姿は別のものとなる
  • 二卵性双生児(異性):遺伝子のみならず、性別や容姿も別のものとなる

双子が生まれると、1回分の奉納点で2人生まれるのでお得に感じるが、注意点もある。
一族の戦力はかなり増強できるが、双子なのでほぼ同時に寿命を迎えることになる。
2人とも主戦力にしていると、2人が死んだとき一族の戦力が一気に下がるので、そのことを踏まえた一族運営をしていこう。

なお、双子には双子ならではのメリットがあるようだが……?

一世の祝福

一世の祝福は、子どもに継承されない一代限りの能力で、体力が上昇するなどの特殊効果を常に得た状態になる。得られる能力は交神した神様によって違う。
同じ神様と何度も交神すると一世の祝福が付与されやすく、一世の祝福をもった者が生まれると、一世の祝福をもった子どもはしばらく生まれない。
新規開始時の三兄弟、夜鳥子は一世の祝福を持っていることがある。